1979年に出版された「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は、日本の高度経済成長の成功を取り上げた書籍で、当時成長の速度を落としていた米国に対して教訓を与えるものとしてベストセラーとなった。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 1979年に出版された「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は、日本の高度経済成長の成功を取り上げた書籍で、当時成長の速度を落としていた米国に対して教訓を与えるものとしてベストセラーとなった。 香港メディアの文匯網はこのほど、同書籍は現在の中国にも教訓を与えると指摘、その教訓を紹介している。

 記事は、中国社会科学院でこのほど日本経済社会発展啓示フォーラムが催され、多くの学者が「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を参考にしつつ、見解を説明したと紹介。同フォーラムにおいて、同書籍を中国語に翻訳したメンバーの1人が「日本の国内総生産は世界第3位に退いたものの、社会の管理や教育、技術などの水準は中国を今なお上回っており、中国が学ぶべき点は多い」という見方を示したと紹介した。

 また、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」が描く当時の日本の姿と現在の中国の姿が非常に似ていることを多くの学者が指摘したと紹介。ある学者は環境破壊、公害、精神の荒廃、優れた伝統の消失、青少年犯罪など当時の日本を当惑させた多くの問題は、現在の中国にあまねく存在しているという見方を示した。この学者は続けて「日本から学べば中国の成長過程で生じている悩みは解決できる」と指摘、多くの問題を解決した日本の知恵と経験に対する敬意を示した。

 さらに記事は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」が日本人の学習精神に注目していることに言及、フォーラムに参加した多くの学者も日本人のこの特長を「高く称賛した」と紹介。ある学者は「日本の学習能力は世界ナンバーワンであり、この能力と日本の発展は切っても切り離せない関係にある」と絶賛した。つまり同フォーラムに参加した専門家たちの間に、学習能力の高さは日本の特長の1つであるという共通認識が存在していることがわかる。

 また、日本の学習能力について前出の学者は「外国から学ぶのが得意なだけでなく、敵から学ぶのにも長けている」と指摘、日本の非常に貪欲な学習意欲に対する驚きを示した。

 環境破壊問題やゴミ問題などの解決策は間違いなく日本に存在しており、中国は日本から学べば問題を解決することができるだろう。大切なのは実際に学ぶかどうかだ。中国が日本から貪欲に学んでいく姿勢を実際に示すなら、1979年のベストセラーが中国に与える教訓は生きたものになる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)