写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Threatpostに5月17日(米国時間)に掲載された記事「Google Set to Kill SSLv3, RC4 in SMTP, Gmail in June|Threatpost|The first stop for security news」が、Gmail WebサーバおよびSMTPサーバにおけるRC4ストリーム暗号とSSLv3プロトコルのサポート終了時期を伝えた。Google Apps Updates blogによると、6月16日にサポートの終了が予定されているという。

RC4ストリーム暗号およびSSLv3プロトコルがすでにセキュリティ的に安全とは言えなくなっていることは広く知られている。GoogleのみならずさまざまなソフトウェアベンダやサービスベンダがRC4およびSSLv3のサポート廃止へ向けた取り組みを続けている。GoogleもGmailにおいて将来的にRC4およびSSLv3のサポートを終了することは提示していたが、どのタイミングで実施するかといった具体的なタイムスケジュールは示されてこなかった。

現在、RC4やSSLv3を経由してGmailやSMTPを使用している場合、期限を過ぎるとサービスが利用できなくなる可能性がある。これら技術はすでに安全とはいえないと評価されていることから、早期により安全度の高い技術に変更する必要がある。古いアプリケーションやアプリはこうした古い技術しか利用できないことがあるため、アプリケーションやアプリも含めてより新しいプロダクトへの移行を検討しなければならないケースも存在するものと見られる。

(後藤大地)