中国メディアの新浪はこのほど、中国の浙江省義烏市で輸入品の展示即売会が行われ、日本から輸入された商品を求めて多くの中国人が殺到したと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの新浪はこのほど、中国の浙江省義烏市で輸入品の展示即売会が行われ、日本から輸入された商品を求めて多くの中国人が殺到したと伝えた。

 記事は、義烏市で開催された展示即売会には正真正銘の日本製品を求めて中国人が殺到したと伝え、日本製品が奪い合いになったと紹介。即売会で販売されたのは日本からの商品だけでなく、商品は国ごとに仕切られていたようだが、日本製品が販売されていた会場では「消費者たちはオムツや粉ミルク、女性用ナプキンなどの日用品を求めて殺到した」という。

 さらに、会場では会計待ちの中国人消費者が長蛇の列を作ったと伝え、中国国内において日本製品がいかに信頼され、求められているかを伝えた。

 記事は展示即売会の様子を数多くの写真とともに伝えている。写真を見る限りでは若い女性の姿が目立つが、来場者たちに共通しているのは日用品を「大量」に購入しようとしていることだ。両手いっぱいに商品を抱えた女性の姿や、会場内で手に入れたと見られるダンボールに商品を詰めて会計の列にならぶ男女の姿が紹介されている。

 写真や記事から見て取れるのは、中国国内における日本製品に対する信頼感と莫大な需要、そして中国製品に対する不信感と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)