通っていたエステが倒産!前払い金は取り戻せる?
 私たちの身近なあれこれを弁護士に聞く、この連載。今回は、エステサロンの倒産についてです。安いサロンが増えて通いやすくなった一方、倒産の相談も多いようです
(回答はアディーレ法律事務所 http://www.adire.jp/)

◆【相談】全15回・30万円を払ったのに倒産しちゃった!

 昨年末、脱毛サロンに入会しました。全15回コースで30万円を一括で支払いました。これまでに3回施術してもらったのですが、次の予約を取ろうと電話したら、『おかけになった番号は、お客様のご都合によりお繋ぎできません』とのアナウンス。

不審に思い、ネットで調べたところ、サロンは先月末に倒産していたというのです! 実際にサロンに行ってみると、「倒産しました」との貼り紙。ショックを受けました。

 残り12回分のお金は返してもらえるのでしょうか? 泣き寝入りするしかないのでしょうか?
(30代女性)

◆【回答】残念ながら、返金は期待できません

 契約したばかりのサロンが急な倒産とは、驚きと怒りを隠せないですよね。ただ残念ながら、エステ会社が法的に倒産の手続を踏んだ以上、文句を言うことは困難です。

 会社の倒産とは、簡単にいえば、「会社の経営が悪化し、会社がなくなってしまう」ことです。エステ会社が倒産すれば、その後の経営が続けられなくなるため、エステのサービスも受けられなくなってしまいます。

 会社が倒産した場合、会社がもともと返済すべきだったお金も、基本的に全て「返さなくてよい」ことになってしまいます。したがってチケット代等も返してもらえないのが現実です。

 仮に会社に財産が残っていれば、お客さん等の債権者(相手に金品を要求できる権利を持っている人)に財産を平等に分配することになっていますが、法的には、従業員等の給料等が優先されて先に支払われますので、お客さん等にお金が戻ってくることは期待できないでしょう。

 現金やカードで、一括払いでお金を払ってしまった場合、残念ながら泣き寝入りせざるを得ないのが現状です。

 ただ、カードの引き落としがまだ済んでいないケースや、分割払いのケースであれば、カード会社に連絡をし、「●●の会社が倒産したので支払いを停止してください」という主張が可能です。もし揉めるようであれば国民生活センターや弁護士に相談していただくことをお勧めします。

◆エステや英会話などの“前払い”はよく吟味して

 エステや英会話といった「継続的にサービスを提供する契約」は、「将来〜回分」というかたちで、代金を前払いするシステムが多いですね。大きな金額を前払いで受け取ってしまうため、その後の収支のコントロールが難しいという一面があります。

 例えば、「効果が出ないから解約したい」というお客さんや、「なかなか予約が取れないから別の店に通うことにした」といった理由で、中途解約がなされることも少なくありません。その際、法的には、サービス代金残額の大半を返金せねばなりません。

 予想以上に解約が相次いだという場合には、「返金額が大きすぎて返金できない」ということになるわけです。また、エステ等の契約は勧誘勝負ですから、「契約の取りすぎ」や、「無理な安値設定」により経営破たんに至るケースも少なくないようです。

 エステ等の勧誘は、「今だけお得」、「1年契約だと安い」などと勧められ、前払い、大量購入が魅力的に見えてしまうものです。でも、突然の倒産となれば、支払った代金は返ってこないしサービスも受けられないリスクがあります。

 購入すべき金額や回数等も、しっかり吟味して、信頼できるエステ店で契約することが大事になってきますね。

<文責/篠田恵里香 弁護士(アディーレ法律事務所/東京弁護士会所属) http://www.adire.jp/>