社会人になると、出世して自身の待遇を良くしたり、事業をけん引したいと考える人も多いはず。その反対に、責任のある立場には立ちたくないという人もいるでしょう。オウチーノ編集部が、首都圏在住の20〜39歳の公務員・会社員554名を対象に行なったアンケートの調査結果から見えてきた、現代の若手社会人の「出世」に関する実態を紹介します。

16.4%が「社長まで出世したい」と回答

「あなたは将来、どこまで出世したいですか?」と質問したところ、以下のような回答結果に。

社長まで(16.4%)、役員クラスまで(13.9%)、部長クラスまで(10.8%)、次長クラスまで(4.3%)、課長クラスまで(9.9%)、係長クラスまで(7.0%)、主任クラスまで(16.8%)、出世したくない(18.2%)、その他(2.7%)

全体の30.3%が、社長または役員クラスまで出世したいと考えていることが判明。また、約2割は「出世したくない」と考えているようです。
これを男女別に見ると、「社長もしくは役員クラスまで出世したい」という男性は43.0%と4割を超えたのに対し、女性は17.7%。また「出世したくない」という男性は10.5%、女性は25.6%という結果に。女性の4人に1人は出世を拒んでいるよう。
「出世したくない」理由については、「責任が重くなるのが嫌」(35歳/女性)、「責任はできるだけ負いたくない」(27歳/女性)、「面倒な仕事が増えそう」(30歳/女性)、「興味がない」(29歳/女性)、「結婚したいから」(27歳/女性)、「自分には向いていない」(32歳/女性)、「責任を持ちたくないから」(29歳/男性)、「平社員が楽」(29歳/男性)などの声が寄せられました。

では、出世したいと思う理由とは? 上位5位はこちら。

◆あなたが出世したいと思う理由はなんですか?
1位:給与・年収を上げたいから(38.5%)
2位:経験を積みたいから(13.8%)
3位:自分の裁量で組織を動かしたいから(13.2%)
4位:自信を付けたいから(9.3%)
5位:ステータスが欲しいから(8.3%)

「出世をして、良い給料を得たい」という考えが、最も出世意欲を掻き立てていることがわかります。

次に、出世したいと回答した人を対象に、出世するためにしていることがあるかを聞いてみました。

◆出世するためにお金や時間を自己投資していることはありますか?
1位:資格の勉強をしている(10.6%)
2位:ビジネス本を購読している(9.3%)
3位:人脈づくりをしている(8.8%)
4位:知識を高めるために独学で勉強している(8.2%)
5位:ビジネスセミナーに参加している(6.0%)

出世したいと考えている人の6割以上が、何らかの自己投資をしていることがわかりました。

また、「社会人になって初めて昇格した年齢」についても聞いた結果、「20〜24歳」が23.1%、「25〜29歳」が51.7%、「30〜34歳」が17.6%、「35〜39歳」が7.6%となりました。
仕事の経験も積みキャリアを意識し始める「25〜29歳」に、「初めての昇格」を経験している人が多いことが判明。
また、昇格の経験がない人には「いつまでに昇格したいか、その年令を教えてください」と聞いたところ、20代の場合は「〜29歳」が9.9%、「30〜39歳」が24.1%、「40歳以上」が1.9%、「特になし」が64.1%。30代の場合は「〜39歳」が14.7%、「40歳以上」が5.2%、「特になし」が80.2%という結果に。

いかがでしたか? 出世したいと考えている人は約8割、そのなかでも社長・役員クラスまでの出世を目標とする人は3割となりました。この結果、あなたは多いと思いますか? それとも少ないと感じたでしょうか。
収入アップを目標とするならば、出世街道を目指すべきなのかも!?

【参考】※ 株式会社オウチーノ