清原和博被告の号泣は未熟さの表れか 臨床心理士が分析

ざっくり言うと

  • 清原和博被告が17日の初公判で約2時間にわたって泣き続けた
  • 臨床心理士の矢幡洋氏は「元々潜んでいた未熟さが表れた」と指摘
  • 「依存心が込み上げていったことで涙が止まらなくなっていった」と分析した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング