金をドブに捨てるとはコレ! 女たちのトホホなダイエット費用エピ

写真拡大

女性ならば誰しも、自分の体形が気になるもの。見た目も草食系の細身な男子が多い昨今、彼氏や意中の男性よりもぽっちゃり気味では、さすがにバツが悪いですよね。「特に何もしてない」と口では言いながら、あれこれトライしているのでは? そこで今回は働く女性に、ダイエットのために購入したものを聞いてみました。

■三日坊主で無駄な出費に

・「運動が嫌いなので、何回か試しにサプリメントのような食事代わりの飲み物(?)を購入しました。飲みづらかったのですぐにやめてしまいましたが……」(32歳/ホテル・旅館・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ダイエット用のマッサージ器具を購入。すぐに使わなくなった」(31歳/医療・福祉)

・「エアロバイクを買って毎日30分以上使用していましたが、続いたのは1週間くらいでした」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「テレビを見ながらできると思い、ロデオマシーンを買ったけど長くは続かなくて、その後、物置き場になった」(31歳/医薬品・化粧品)

やっぱりみなさん、あれこれ手を出しているんですね! 次から次に新しいアイテムが登場するので、「今度こそは!」と期待してしまいます。でも、長続きしない……。そうなんですよね〜。

■やめた途端に元の木阿弥

・「置き換えのドリンクで、その時は痩せた」(33歳/電機/販売職・サービス系)

・「ダイエット食品を食べている間は10kg以上痩せていたが、食べるのをやめた途端10kg増えた」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「社会人になった年に初めて痩身エステに通った。通っているときはそれなりに効果あったけど、コースが終わると痩せなくなった」(31歳/その他)

せっかくダイエットに成功しても、「もう大丈夫!」と気を抜いたら、あっという間に元通り。これではつらいですよね。ダイエットに注いだ費用や月日は何だったんだ!? と言いたくなってしまいます。

■お金をかけない堅実派も

・「手軽で無理なくできる運動を心がけ、食生活を気にする」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「学生時代、お金をかけられなかったので、間食をやめて筋トレ(腹筋)を行った」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「ネットでヨガのポーズを検索し、自分に合うポーズを組み合わせて毎晩やっている」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

痩せたいけれど、お金はかけたくない(かけられない)。そこで諦めず、コツコツと地道な努力を重ねて……という体験談は、現在進行形も含めて意外なほど多く、一定の成果を得られた人も少なくないようです。

■専門家が教える効率的なダイエット

しかし一方で、「痩身エステでもっともっとと勧誘にあい、累計で100万ぐらいに……」(31歳/医療・福祉/専門職)という体験や、「ダイエットしなくても、今の体形に問題ない」(30歳/建築・土木/事務系専門職)という、うらやましいようなうらやましいような声も……。

こうした悩みは尽きませんが、より効率的なダイエット法とは? 最強のメソッドはあるのか!?

“ダイエット王子”の異名を持つフィットネストレーナーであり、ガッツワールド・プロレスリング所属のプロレスラーとしても活躍中の元GWC認定シングルチャンピオン、吉野達彦さんに聞いてみました。

●ダイエット器具を買わずにできるダイエット

「リバウンドするには理由があります。そのほとんどが根本的な解決になっていないから。食べる量を戻せばリバウンドするのは、これは当然のことです。食習慣を根本から改め、正しい筋トレ続けることが王道となります。筋トレ、ストレッチ、正しい食事と睡眠。これに尽きます。正しいダイエットを行えば、病気などの一部の理由を除いて必ず痩せます!」(吉野さん)

食べる量が元に戻れば体重も元に戻る。それはそうですよね。でも、食生活を根本から改めるって、なんだか難しそう。それに“筋トレ”って、いかついイメージが……。

「“正しい食事”とは、正しい栄養素を正しい時間に正しい量、食べることです。ですから、おなかがすいてつらいということではまったくありません。マインドを変化させて、糖質中毒から抜け出して当たり前のことができるようになっていただくのが、私のメソッドです。

また、フィットネスは、いわゆるスポーツとは異なるもの。フィットネスとは、身体を正しい骨格に戻すための筋トレでありストレッチです。学校の部活の延長のように捉える方が多いですが、それはまったくの誤解。筋トレに関しても、女性のボディメイクの場合、腕立て伏せは取り入れていません。かえって姿勢が悪くなるからです。

基本的にはダンベルやバーベルなどの器具を一切、使わずに身体を変えることもできます。むしろ、運動に苦手意識を持つ方にこそ、フィットネスをしていただきたいです。球技が苦手でも、マラソンが苦手でも、フィットネスによって身体を本来の骨格に戻すことで、美しいボディラインが手に入れられますよ!」(吉野さん)

それはうれしいですね! ところで、現状で特にダイエットの必要性を感じないから何もしていないという人は、そのままでいいんですか?

「たとえ今は節制の必要性を感じなくても、だんだんと自然に全身の筋肉が落ちてくることで、見た目がどんどん老けこんでしまいます。そうなりかけて慌ててトレーニングをはじめる方が多いですが、その前にはじめるに越したことはありません」(吉野さん)

油断大敵! 「私は何もしなくても大丈夫だから」というのは、残念ながら根拠のない自信のようですよ〜。

なお、吉野さんのパーソナルトレーニングを単発で受ける場合、費用は1時間9720円とのこと。ただ、先々まで予約が埋まっている状態だとか……。確実にダイエットするには、早めに行動することが大事かもしれませんね。

(小野ひとみ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数405件(22〜34歳の働く女性)

※画像はイメージです