運動をすることで発症リスクが低減するがん 11年間にわたる調査結果

ざっくり言うと

  • 米国立がん研究所が11年間にわたって、発症リスクが低減するがんを調査した
  • 運動をすることで、13種類のがんの発症リスクが低くなっていたことが判明
  • 食道がん、肝がんなどで、中でも子宮内膜がんは特に関連性が高いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング