夜遅くに多くの量の食事をとる「夜食症候群」 習慣化すると危険も

ざっくり言うと

  • 夜遅くに多くの量の食事をとってしまう夜食症候群を解説している
  • 生活習慣病になり、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの心血管の病気を起こす
  • まずは食事時間を早くすることができないか生活を見直す必要がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング