新婚1年で4キロ太ったと明かした椿鬼奴

写真拡大 (全6枚)

 お笑い芸人の椿鬼奴が5月18日、都内で行われた「Avene Pop Up Village in 表参道」オープン記念発表会にゲストとして登場。昨年5月に結婚後、1年で4キロ太ったと明かした。

 「つなぎです」と言いながら、普段あまり目にしないワンピースを身にまとって登場した椿。肌のキレイさを指摘されると、すかさず「普段はビール4〜5缶と黒糖焼酎を飲んでいるけど、今日のために昨日はビール1缶しか飲まなかった」と笑みを浮かべた。

 また「アレルギーもあって、乾燥で皮がむけたり。乾燥に弱いんですよね。声も実際、乾燥でこうゆうことになってるので」と語る椿は、会場でスプレータイプの化粧水(アベンヌ ウオーター)を贅沢にかけて体験。喉の乾燥具合を聞かれると、突然、ホイットニー・ヒューストンの「Saving All My Love For You」を熱唱し、喉の調子の良さをアピールした。

 報道陣から「太られたような気がしますけど…」と体型について聞かれた椿は、「そうなんですよ、主人がお夕飯を作ってくれますんで。もともとお腹が出てたんですけど、とにかく食べて、主人も私も飲むので。飲みに出て、家に帰ってまた飲み直すのが、太っていく原因じゃないかと…家に帰ってもう1杯始めちゃうのが良くないかな」と冷静に分析。

 ただのビール腹じゃないですかとのツッコミにも、「ビール腹です、はい。(結婚して)1年で4キロくらい太りました」と新婚の“幸せ太り”を素直に認めていた。

 お酒を飲むと太る理由は、アルコールによって肝臓で合成される中性脂肪が増えることが挙げられる。血中アルコール濃度が高まると、肝臓ではアルコールの分解が優先され、中性脂肪が血液中に多く放出される。その結果として、脂肪細胞の中に蓄積される脂肪が増えていくようになる(出典:ダイエットラボ vol.151 - 飲酒をすると“脂肪の合成”が進む理由とは? http://dietclub.jp/labo/021805151)。