米国初のペニス移植手術が成功、戦場で負傷した元兵士たちも対象へ

写真拡大

癌の手術でペニスの大部分を失った男性が、ドナーから提供されたペニスの移植手術を受け成功した。戦場で負傷した兵士たちを対象にペニス移植を行うプログラムの先駆けとなる手術だという。

「米国初のペニス移植手術が成功、戦場で負傷した元兵士たちも対象へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

癌のためにペニスの大部分を失ったボストンの男性が、米国で初めてとなるペニスの移植手術を受けた。

5月8、9日(米国時間)にマサチューセッツ総合病院で15時間にわたる手術が行われ、マサチューセッツ州ハリファックスに住むトーマス・マニング(64歳)は、死亡した人から提供されたペニスを移植された

この手術は、提供された臓器の神経、静脈および動脈を患者とつなぎ合わせる作業を伴うものだ。医師たちによれば拒絶反応や出血、感染症の兆候などの問題はなく、数週間から数カ月でマニング氏の泌尿器と性機能が回復するだろうと、「用心深く、かつ楽観的に」見ているという。

「これはわたしたちにとって未知の領域でした」と、形成外科医のカーティス・L・セトルロは『ニューヨーク・タイムズ』(NYT)紙に語っている。セトルロ医師は、マニング氏の治療を担当した7人の外科医、6人の研究員、30人以上におよぶ医療スタッフで構成されたチームの責任者を務めた。

マニング氏のペニス移植手術は、世界でこの種の処置が行われた3番目の例となる。2006年に中国で執刀された手術は失敗に終わったが、2014年に南アフリカで移植を受けた患者のケースは成功し、その後子どもをもうけている。

マニング氏はバンク・クーリエ(銀行専門の配送業)だが、2012年に仕事中の事故により入院し、そこで初めてペニスに癌が発見された。米国で1年あたり約2,000人の男性しか罹患しない珍しい種類の癌により、マニング氏は部分的な陰茎切除手術を受けた。ペニスの長さは1インチ(2.54cm)程度になり、性行為や立ったままの排尿ができなくなったため、移植手術の候補者となった。

臓器バンクの地域責任者ジル・スタインブリングによると、遺族にペニスなど私的な部分の臓器を求めることは、腎臓やほかの内臓の提供についての要請とは別に行われるという。だが、複数の家族がペニスの提供に同意しており、提供を拒否した人はいなかったという。

マニング氏が受けた手術は、戦場で負傷した元兵士を対象にペニス移植を行うことを目指したプログラムの先駆けとなるものだ。2001年から2013年の間にイラクやアフガニスタンの戦場において、生殖器に深刻な損傷を受けた35歳以下の男性たちは1,367人にのぼるという。「こうした元兵士たちは自殺の可能性が高くなる」と、セトルロ医師は語る。

しかし、最初の移植手術は元兵士ではなく市民が選ばれ、軍の医療スタッフを訓練する機会としても利用された。NYT紙の記事によればこれは、国防総省が元兵士たちが「実験用マウス」として使われることを望まなかったからだという。

元兵士たちへのペニス移植を先導しているのは、メリーランド州ボルティモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の医師グループだ(2016年2月には、アフガニスタンで負傷した元兵士への移植手術が準備されていると報道された。なお、戦場の爆発で大けがを負った場合、ペニスだけではなく下腹部や太もも内側の組織も失う場合があり、ドナーからそれらの部分の組織も移植する必要があるという)。

マニング氏の手術に成功したマサチューセッツ総合病院の医師チームは、さらなるペニス移植手術を計画している。5万ドルから7万5,000ドルと見られる手術費用は、現在のところ関連病院が負担し、医師たちはヴォランティアで執刀している。予定されている次の患者は、自動車事故の火災でペニスに損傷を受けた男性だ。今のところ、癌と負傷の患者が対象であり、性転換希望者については対象にしていないという。