ダイエットしたいなら、まずやめるべきなのが間食。でも、ついつい手が伸びてしまいますよね。友達とランチに行っておいしいスイーツを見たら……「ダイエットは明日から」と思ってしまいがち。

しかし、一緒にケーキを食べたはずの友達は痩せ子。毎日のようにスイーツを食べている様子なのに、なぜダイエット知らずなのでしょう。実は、間食をしても太らないのは体質ではなく、食事の仕方にちょっとした秘訣があるのです。

今回は、ダイエットしたいけれど間食をやめられない人必見! おやつをやめずに痩せるためのポイントをご紹介しましょう。

■ダイエット中におやつを食べても太らない方法

ずばり! 間食をしても太らないポイントは、“おやつを食べる時間”。間食をしているのにダイエット知らずのあの子は、意識的にか無意識にか、“正しい時間”におやつを食べているのです。

夜遅くに食べない方がよいというのは、誰もがわかっていることでしょう。おやつの時間といえば、午後3時。実はこの時間帯に秘密があります。

■カギは“BMAL1”!間食は15時がおすすめ

ダイエットしたいけれど間食をやめられないのであれば、午後3時前後に食べるのがおすすめです。

人間には体内時計が備わっていると言われますが、肥満に関わるタンパク質・“BMAL1(ビーマルワン)”も、時間帯で量が増減します。

BMAL1は脂肪の合成を促したり、血中のブドウ糖の量を増やしたりする役割を担っているもの。夜中に食べると太るのは、BMAL1の量が夜10時〜夜中2時にもっとも多くなるためです。

逆におやつの時間である午後3時は、BMAL1の量がもっとも少ない時間帯。つまり、同じスイーツを食べたとしても、脂肪を蓄えようとするBMAL1が多い夜に食べるのと、BMAL1がもっとも少ない午後3時前後に食べるのでは、大きな違いがあるということです。

どんなにBMAL1を味方につけても、バカ食いしては太ってしまうので、そこだけは注意してくださいね。

■ダイエットを成功させたいなら朝型生活に

BMAL1の量は夜10〜深夜2時ごろにピークとなり、日中にかけて徐々に減少。午後3時ごろがもっとも少なくなり、夜にかけて徐々に増えていくのを繰り返しています。

しかし太陽を浴びない夜型の生活をしていたり、不規則な生活をしたりしていると、BMAL1のサイクルも乱れがちに。常にBMAL1が多い状態になってしまうこともあるのです。

BMAL1が慢性的に多い状態になれば、どの時間に間食しても蓄えとなるだけでなく、日中の食事でもしっかり脂肪になってしまう恐れが出てきます。

実際に、夜勤が多い職業の人には肥満が多いという統計もあるようです。太りやすくなったと感じたら、食べている量を気にする前に不規則な生活を見直した方がよいかもしれません。

体内時計を正常にしBMAL1のサイクルも整えるには、休みの日も昼まで寝るのはやめ、毎日朝起きたら朝日を浴びるようにするとよいでしょう。

ダイエット中でも、完全に間食を絶つのは難しいもの。ストレスになって、後でドカ食いしてしまっては本末転倒です。これからは午後3時前後だけに絞って、スイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

バストだけは死守…が女心!「胸を減らさず痩せる」テク2つ