イブラのユナイテッド入りを望むシュマイケル「カントナになれる」

写真拡大

▽現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル氏が、古巣にFWズラタン・イブラヒモビッチ(34)の獲得を勧めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽今季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するイブラヒモビッチは、フリーでのユナイテッド移籍が囁かれている。現在ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督が解任され、後任候補のジョゼ・モウリーニョ氏が新たに就任すれば、レッド・デビルズ入りの可能性が高まると言われているところだ。

▽シュマイケル氏は、今季リーグ・アンで38ゴールを記録して得点王に輝くなど、いまだ衰え知らずのイブラヒモビッチがオールド・トラフォードでプレーすることを望んでいる。

「新聞でズラタン・イブラヒモビッチの話を読んだ。私は彼が好きだし、ユナイテッドに来てもらいたい。私は常に話してきた。彼はマンチェスター・ユナイテッドでプレーするために生まれてきた」

「彼はエリック・カントナのようだ。カントナはドレッシングルームで全てのチームメートを奮い立たせることができた。それだけでなく、サポーターもそうだね。それが(イブラヒモビッチを望む)全てだ。日曜のオールド・トラフォードで居眠りをするファンはいなくなる」