U-23日本代表が22時間移動でトゥーロン到着「ブラジルはさらに12時間遠い」

写真拡大

 トゥーロン国際大会に出場するU-23日本代表は16日、現地合流するFW南野拓実(ザルツブルク)を除く19人が羽田空港を出発。乗り継ぎを含め22時間の移動を経て、フランスのトゥーロンに入った。

 選手たちは長時間移動の疲れを見せることなく、17日午前から練習を開始。日本サッカー協会(JFA)によると、MF前田直輝(横浜FM)が体調不良のためホテルで静養、MF井手口陽介が負傷のため別メニュー調整となった以外は、午前、午後と2部練習を実施したという。

 決戦の地に立った手倉森誠監督は「今大会での戦い方を見て、リオデジャネイロ五輪でのポジションごとの人数構成が見えてくる」と大会の位置づけを説明。そして、「選手たちには、『目の前にはチャンスしかない、チャンスを生かすも殺すも自分たち次第』という話をした。また、『ブラジルはさらに12時間遠く、さらに50%も湿度が高いのだから、こんな気持ちのいい環境で苦しいとは言っていられない』とも伝えた。今大会でのアクシデントは大歓迎。一点先に取られて追う状況や、ハードワークしなければいけない環境が是非起こって欲しい」と奮起を期待した。

 ガーナ戦では2得点を記録。10番を託されるMF矢島慎也は「世界の強豪国と対戦するのは久しぶりですし、まずは自分たちがどれくらいできるかを確認したい」と意気込みを語る。守護神候補のGK中村航輔も「リオデジャネイロ五輪に向けたメンバー選考、そして、スタメン争いにとって非常に重要な大会。リオデジャネイロ五輪は、自分のサッカー人生の中で大切な大会。その大切な大会で自分のレベルを試すためにも、この遠征で結果を残せるようしっかり準備したい」と力を込めた。

 同代表は21日にU-23パラグアイ代表との初戦を迎え、23日にU-23ポルトガル代表、25日にU-23ギニア代表、27日にU-23イングランド代表と対戦。成績次第で29日の3位決定戦および、決勝戦に進む。大会の模様はNHK総合で全国中継される。


●リオデジャネイロ五輪特集