17日、日本を訪れている韓国の鄭義和国会議長が、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去問題について、「軽率に結論を出してはいけない」との考えを明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2016年5月17日、韓国・聯合ニュースによると、日本を訪れている韓国の鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長が、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去問題について、「軽率に結論を出してはいけない」との考えを明らかにした。

鄭議長は同日、日本の国会で行われた「日韓議会未来対話」の後、韓国メディアの記者団に対し、「慰安婦像の撤去問題はさらに時間をかける必要がある。機が熟する前に軽率に結論を出すことはとても危険だ」と述べた。その上で「政府があれこれ指示できない問題であるため、市民団体と十分に協議しなければならない」と強調した。

韓国側は「日韓議会未来対話」でも、「民間が設置した慰安婦像を政府が一方的に撤去することはできない」との立場を日本側に伝えたという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「“慰安婦像の撤去に同意するが、実行するのが難しい状況”という意味?信じられない…」
「韓国政府も像の撤去に向けて努力すると宣言したということ」

「軽率に結論を出そうが慎重に結論を出そうが、慰安婦像を撤去することは許されない」
「昨年末の慰安婦協議の合意文を公開してほしい」

「韓国国民のほとんどが反対しているのに、なぜそのようなことが言える?」
「世論が静まるのを待ってから撤去すると言っているように聞こえる」
「政府が設立したものだったら、とっくに撤去されていたのだろう」

「撤去してもしなくてもどちらでもいい。慰安婦問題を議論することに疲れた」
「慰安婦問題はもう終わり!日本と未来志向的な関係を築いていこう」
「慰安婦像がそんなに誇らしいか?像を設立する金を国の防衛費に回した方がいい」(翻訳・編集/堂本)