18日、参考消息網によると、フィリピン当局は17日、「違法操業の疑いで中国の船員25人を拘束した」と発表した。写真はフィリピン地図。

写真拡大

2016年5月18日、参考消息網によると、フィリピン当局は17日、「違法操業の疑いで中国の船員25人を拘束した」と発表した。

海上警備部門と漁業水産資源局(BFAR)が組織するチームが16日に拿捕(だほ)したのは2隻の中国漁船で、許可を得ないままフィリピン北部のバブヤン島とバタネス州の間の海域を航行したという。BFARはこの件について出した声明の中で、「拿捕の際、漁船にはフィリピン国旗が逆さまに掲げられていた」と指摘した。(翻訳・編集/野谷)