18日、京華時報によると、インドメディアが「世界初の頭部移植の手術を受ける患者は中国人に変更された」と伝えたことについて、関係者が「まったくのでたらめ」と否定した。写真は頭部のMRI画像。

写真拡大

2016年5月18日、京華時報によると、インドメディアが「世界初の頭部移植の手術を受ける患者は中国人に変更された」と伝えたことについて、関係者が「まったくのでたらめ」と否定した。

インド紙ザ・タイムズ・オブ・インディアは14日、イタリア・トリノ大学のセルジオ・カナヴェロ氏へのインタビュー記事の中で、「ロシア人のヴァレリー・スピリドノフさんが手術を受けると伝えられていたが、患者は中国人に変更された。手術は17年末にも行われる」などと伝えていた。しかしこれは、カナヴェロ氏と知人の脳外科医の雑談の内容で、正式な計画ではないことが分かったという。

カナヴェロ氏と同様に、頭部移植研究を行っているハルビン医科大学の任曉平(レン・シアオピン)氏は、「患者が中国人に変更された」という報道について「まったくのでたらめだ。手術の時間も、手術を行う国も決まっていない。この研究にはまだ時間がかかる」と完全否定した。任氏の研究チームは今年1月、サルの頭部移植に成功したと伝えられている。(翻訳・編集/北田)