18日、韓国金浦空港で、乗客約100人を乗せた航空機が着陸しようとした際、滑走路の誘導灯が突然消え、着陸直前に再び上昇する事故が起きていたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は金浦空港。

写真拡大

2016年5月18日、韓国・JTBCによると、韓国・金浦空港で、乗客約100人を乗せた航空機が着陸しようとした際、滑走路の誘導灯が突然消え、着陸直前に再び上昇する事故が起きていたことが分かった。

事故が起きたのは昨年11月4日午後10時30分ごろ。韓国・済州を出発し、金浦空港に着陸しようとしたアシアナ航空機が、管制塔の許可を得て下降し、滑走路に降りた瞬間、誘導灯が突然消えたという。航空機の下降速度は時速200キロ以上。驚いたパイロットはすぐに機体を再び上昇させ、なんとか墜落を免れたという。

これについて、キョンウン大学航空運航科のチョン教授は「夜間は視覚参照物が滑走路の誘導灯しかないため、灯火が点滅すると着陸は不可能。判断が遅れていたら大事故につながっていた」と指摘した。

金浦空港側は「空港の高圧電力線通信に誤作動があったが、3分後に復旧し、誘導灯も点灯した」と説明した。

韓国では今月5日、仁川空港の滑走路で航空機2台が衝突しかける事故が起きた。3月にも清州空港で同様の事故が発生しており、ネットユーザーからは不安や批判の声が相次いでいる。

これについて、韓国のネットユーザーが次のようなコメントを寄せている。

「3分あれば十分に大惨事が起きる。安全管理を徹底してほしい。国際的な恥さらしだ」
「また空港で事故?関係者を全員解雇するべき。そうでなければまた起きてしまう」

「セウォル号沈没事件を思い出した…」
「3分ならいいという考えが理解できない」

「韓国は安全不感症とテキトー文化のせいで、近いうちに社会システム全般が崩壊するだろう」
「空港職員のみなさんのおかげで、韓国国民の人生はいつもスリル満点」

「パイロットの判断が遅れていたら大変なことになっていた。誰かがテロを試みたのか?ハッキングされたのでは?」
「KTX(韓国版新幹線)はガムテープを貼って走行している。韓国人に怖いものはない(笑)」(翻訳・編集/堂本)