近年、日本を訪れる中国人が急増しているが、訪れているのは観光客だけではない。視察など商務、公務目的で訪日する中国人も多い。日本企業や社会のマネジメントを見学することで、優れている点を吸収しようという積極的な観点に基づく視察も多いのだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 近年、日本を訪れる中国人が急増しているが、訪れているのは観光客だけではない。視察など商務、公務目的で訪日する中国人も多い。日本企業や社会のマネジメントを見学することで、優れている点を吸収しようという積極的な観点に基づく視察も多いのだ。

 中国メディアの価値中国はこのほど、視察団の1人として日本を訪れた中国の有識者の手記を掲載し、「日本では何でも細かく管理するという考え方が社会のあらゆる分野に浸透していることに衝撃を受けた」と伝えつつ、日米中の3カ国で働いた経験があるという視察団の一員が「日本と中国が今、同じスタートラインから同時に走りだしたとしても、中国が日本に追いつけるとは限らない」と述べていたと紹介した。

 記事は、日本を視察して感じたという有識者の見解を紹介している。そのほとんどがビジネスにかかわることだが、ビジネスそのものよりも日本人の考え方や行動など、ビジネスを根底で支える要素の日中の違いに驚きを禁じ得なかったようだ。

 まず、「日本人はまるで見えない手をもう1つ持っているかのようだ」と表現したうえで、非常に真面目に質の高い仕事に取り組んでいると紹介。どれだけ暑くても、日本人男性の多くはスーツを着用し、どのような立場の人であっても自らの仕事に一生懸命に取り組んでいたと指摘。日本人が残業をするのはごく当然のことであり、「夜遅くになってぞろぞろと帰りだす日本人を見て、集団残業という決まりでもあるのかと思った」と振り返っている。

 さらに、日本人の仕事面におけるプレッシャーは非常に大きいものの、日本人の生活は荒れることはないと指摘。街や社会にも秩序があり、中国の家屋のように防犯扉や防犯窓が不必要な社会が日本には存在したと驚きを示した。社会情勢や政情が不安定な国が経済的に急成長を遂げることができないように、安定した秩序と社会があるからこそ、日本では仕事に集中できるという要素はあるだろう。

 事実、日本を訪れた有識者も「日本人がいかに自分を管理し、他人に迷惑をかけないか」という点を強調している。自分を管理できるからこそ、ビジネスも管理でき、ビジネスは管理されてこそ、前進させることができるという考え方だ。こうした管理という点において日本と中国で大きな違いがあると感じたからこそ、視察団の1人は「日本と中国が今、同じスタートラインから同時に走りだしたとしても、中国が日本に追いつけるとは限らない」と述べたのであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)