新たな朝食スタイルとなるか?

写真拡大

湖池屋は、朝食マーケットをターゲットにした「ポテトチップス りんご味」を2016年5月30日から全国発売する。

ポテトチップスをパン・米・グラノーラに次ぐ"第4の朝食"として定着させる活動を展開している湖池屋。15年5月発売の「もも味」「バナナ味」、16年5月発売予定の「トースト味」「牛乳味」に続き、フルーツ系ポテトチップスの最新作を発売する。国内産ふじを採用し、本物のりんごが感じられる香りを追及。りんごならではのさっぱりとした甘さも表現したという。

「りんご味」に箔をつけたいという思いから、湖池屋と同じく"老舗"であることと、社名の「屋」が同じという"親和性"から、東京・京橋の"果物屋の老舗"「京橋千疋屋」の担当者らに試食を依頼したという。湖池屋によると「"お墨付き"までには至らなかった」が、これまでにない新しい味にトライするそのチャレンジ精神や、果物の新たな魅力や可能性を広げた点には共感が得られたという。

内容量は50gでオープン価格。