又吉直樹初の新書「夜を乗り越える」(820円+税)

写真拡大

小学館とよしもとクリエイティブ・エージェンシーが共同で新書のレーベル「小学館よしもと新書」を立ち上げ、その第1弾として、昨年「火花」で芥川賞に輝いた、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による初の新書「夜を乗り越える」(820円+税)を、6月3日に発売することがわかった。

[動画]又吉直樹、小説「火花」刊行記念囲み取材

本書は、又吉が少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」「人間とは何か」を考えたり、大ベストセラーとなった芥川賞受賞作「火花」の創作秘話を初めて明かしたりするといった内容。「負のキャラクター」を演じ続けていた少年が、文学に出会い、助けられ、いかに様々な夜を乗り越えて生きてきたかが綴られていく。

【関連記事】
又吉直樹の芥川賞受賞に、相棒・綾部「これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました」
ピース又吉の芥川賞受賞作「火花」が林遣都主演で全10話の連続ドラマ化
又吉直樹の処女小説を実写化する『火花』に今田耕司や今井華らが出演!
又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』の配信日が決定!予告編も初披露