弓矢を使ったサバイバルゲーム日本上陸!撃って撃って撃ちまくれ!

写真拡大

サバイバルゲームと一言で言っても、実はいろんな種類があるようで、この度、室内サバイバルゲーム場を運営するASOBIBAがオーストラリア発祥の弓矢を使った『アーチェリーハント』というゲームを日本に上陸させるそうです。

【関連:イベントサバゲー『メタルギア』段ボール潜入ミッション ASOBIBA全国5店舗で実施】

アーチェリーハントのイメージ

ASOBIBAの説明によると、『アーチェリーハント』とは2チームに分かれて矢を打ち合う、弓矢を使ったサバイバルゲーム。最近では欧米を中心に人気を博しており、日本でもかねてより注目されていたそうです。

ルールは簡単で、両陣営は矢を持たずにスタンバイし、スタートの合図と共にプレイフィールドの中央に置かれた矢を取りに行きます。その後は相手をゲームから脱落させるために矢を撃ち、当て合います。相手を全員脱落させるか、中央に設置された的を全て撃ち抜いた方の勝ち。矢は先端が柔らかいスポンジになっており、当たっても痛くないので安心とのこと。
また、対戦型のスポーツではありますが、「勝敗よりもハイテンションにゲーム自体を楽しむことが醍醐味」のファンスポーツだそうです。決してガチで殺伐と撃ち合うゲームではないようですね。

テントの盾に隠れたりする

サービス提供場所は室内フットサル場・ラモスフィールドインドアフットサル(東京都江東区東雲2-11-2)。参加条件は高校生以上で、持ち物は動きやすい服装と運動靴。

開始は6月5日からで、参加するには事前予約が必要。参加費は前売り券3800円(税込)、当日参加4300円で予約受付はWEB決済システム『Peatix』にて行われています。