写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは17日、「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」の主力3モデルに装備充実など仕様変更を実施するとともに、より魅力的な価格を設定して発売した。

今回の変更は、フォルクスワーゲンの新しいブランドスローガン「Think People. = 人を真ん中に考える」という考えの下、「すべての人々に安全で快適に移動できる車を手の届きやすい価格で提供する」ために実施された。「ポロ」は新しいグレード「TSI トレンドライン」を導入し、200万円をきる価格設定とした。「TSI コンフォートライン アップグレードパッケージ」は「TSI ハイライン」に名称変更し、アルカンターラ&レザレットシート、シートヒーターなどの装備を追加しながら、価格を引き下げた。

「ゴルフ」は「TSI トレンドライン」の価格を大幅に引き下げ、250万円をきる設定とした。「TSI コンフォートライン」はレーンキープアシストやダークティンテッドガラス、スマートエントリー&スタートシステムなどを新たに標準装備としながら、価格を引き下げている。「ゴルフ ヴァリアント」は「TSI コンフォートライン」にレーンキープアシスト、リヤビューカメラ、スマートエントリー&スタートシステムなどを新たに標準装備。300万円をきる価格設定とした。

3モデルともにこれらのグレード以外にも仕様変更や価格変更を実施している。価格は「ポロ TSI トレンドライン」が199万9,000円、「ポロ TSI ハイライン」が258万9,000円、「ゴルフ TSI トレンドライン」は249万9,000円、「ゴルフ TSI コンフォートライン」は280万9,000円、「ゴルフ ヴァリアント TSI コンフォートライン」は294万9,000円など(価格はすべて税込)。

(山津正明)