18日、新快報によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグの試合のために来日した上海上港のエリクソン監督が、FC東京との試合に敗れたことについて、地震が影響したことを示唆した。資料写真。

写真拡大

2016年5月18日、新快報によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合のために来日した上海上港のエリクソン監督が、FC東京との試合に敗れたことについて、地震が影響したことを示唆した。

【その他の写真】

試合の前日の16日午後9時ごろに、茨城県で最大震度5弱の地震が起き、試合会場のある東京も震度3〜4の揺れを観測した。この時、ホテルにいた上海上港の選手たちは相当な恐怖心を感じていたという。

その影響からか17日の試合では動きが重く、上海上港はFC東京に2−1で敗れた。エリクソン監督は、「我々は先週土曜日に北京で厳しい試合を行い、日本に来てからもしっかりと休めなかった」と語り、試合結果は地震の影響を受けたとの考えを示した。一方で、「こうした状態は一時的なものだと信じている。選手たちのコンディションは問題ないし、ホームに戻ったらもっと良くなる」と自信をのぞかせた。(翻訳・編集/北田)