高齢者が「公共スペース向け自動運転EV」をテスト走行する動画

写真拡大

Varden Labsは、大学や病院の構内、遊園地、空港などをターゲットにした自動運転EVを開発している。大学キャンパスで、高齢者9人がテスト走行した様子を動画で紹介。

Watch this on The Scene.

自律走行車の利点は、運転中に「安全に」メールやうたた寝できることだけはない。自動運転技術によって、従来の自動車を運転できない人たちにも将来、移動の利便性がもたらされる可能性がある。例えば全米で増えている高齢者たちだ。

「高齢者が「公共スペース向け自動運転EV」をテスト走行する動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

全米退職者協会(AARP)によれば、3,600万人の「高齢運転者」たちが、まだ有効な運転免許証を持っているという(AARPは高齢者の定義を明確にしていない)。そのうち公共交通機関がある都市部に住んでいるのはわずか20パーセントで、ほとんど全員が今の場所に住み続ける予定だと話している。そうした人たちが運転をあきらめると、自立して暮らすことがかなり難しくなるおそれがある。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の学生2人が2015年にローンチした自律走行車の新興企業Varden Labs社は、高齢者9人に自動運転EVをテスト走行してもらった。9人の高齢者たちは、日産リーフとゴルフカートが合体したような外見の電動シャトルで、同大学のキャンパスを走った。

Vardenのサイトによると、この電動シャトルの最高速度は時速約24kmだが、多人数を輸送でき(デザインによって4〜15人)、大学や病院の構内、遊園地、空港といった場所が対象なのだという。

全米自動車協会(AAA)の最近の調査によると、米国人の4分の3は自律走行車への乗車を「怖い」と思っているというが、「Buick Skylark」や「Ford Fairlane」を運転して育ってきたと語るこの高齢者たちは大いに楽しんでいるようだ。