福岡工業大学工学部の研究室が焼酎製造時に生じる「粕(かす)」を活用した電動車(EV・PHV)用の超高速充電池を開発したと発表しました。

1

これまで廃棄に困っていた九州地方で大量に発生する焼酎粕を使って電動車などへの充電時間と地域の環境問題を一気に解決しようというもの。

同大学では焼酎粕の新たな活用法を開拓、廃棄物を使用するため、低コストなうえに放充電の際に劣化が少なく長期間の使用も可能で、地域の環境保護や産業の活性化が期待できるとしています。

同充電地は焼酎粕を炭化させ、炭の表面にある微細な隙間に多数のイオンが付着したり放出されたりする現象を利用した「電気二重層キャパシタ」タイプ。

通常の充電池と比較して貯められる電気の量は少ないものの、短時間で充放電する瞬発力に優れており、繰り返しの使用に非常に強く、HVのブレーキ回生や発進・加速時の大電流の供給に適しているそうです。

製法の工夫により、従来から多く用いられてきたヤシ殻由来の活性炭と比較して、イオンを表面に保持する能力を約13%向上、活性炭を電気二重層キャパシタの電極として応用し、蓄電容量も約20%向上させたとしています。

焼酎の種類によって蓄えられる電気の量が異なるそうで、今後実用化に向けてさらに研究を進めるそうです。

動画を見るにはこちら

長時間かかっていた充電が将来「瞬間的に可能になる」というだけに、焼酎粕をキャパシターの材料に活用するというこの興味深い研究、実用化の進展が注目されます。

(Avanti Yasunori ・画像:福岡工業大学)

【関連記事】

日産が「リーフ」に新バッテリー搭載で航続距離拡大か?
http://clicccar.com/2015/07/13/317122/

「第2世代Li-ionバッテリー」でEVの航続距離300kmへ !
http://clicccar.com/2015/07/10/316616/

バッテリー性能革新とインフラ整備進展でEV本格普及へ
http://clicccar.com/2014/12/31/284336/

キャパシター搭載420psのトヨタ「Yaris HV R」登場 !
http://clicccar.com/2013/09/19/231211/

マツダが世界初となるキャパシターを採用した「i-ELOOP」を開発
http://clicccar.com/2011/11/26/85696/

「焼酎粕」から作るEV用の超高速充電池を福岡工大が開発!(http://clicccar.com/2016/05/18/372419/)