大ヒンシュク!ママ友から「距離感おかしい」認定されてしまう言動5つ

写真拡大

うまく付き合えば同志のような存在で心強い味方になってくれる“ママ友”。とはいえ、ママ友がらみでのトラブルをあちこちで耳にしますし、正直ママ友付き合いを重荷に感じている方も多いのではないでしょうか?

実際、株式会社ほけんの時間が既婚女性を対象に実施したアンケートによると、ママ友とのコミュニケーションは大切だと思うけれど、一方で面倒にも感じている人がなんと44.1%にものぼるとのことです!

ママ友付き合いを過度に避けて孤立してしまうのも問題ですが、あまりディープな関係になリすぎるのも望ましくないのかもしれません。

自分にとっても相手にとっても、程よく感じられる“つかず離れずの関係”を保つには一体どうすればいいのでしょうか!?

そこで、今回は上記のアンケート結果や『WooRis』の過去記事を参考に、周囲のママ友から“ウザイ人”認定されちゃう“距離感ナシ言動5つ”をお届けしたいと思います。

 

■NG1:親しくないうちから連絡先を交換しようとする

新しい環境で不安だと、「早くママ友つくらなきゃ!」という焦りもありますよね。

ただ、自分の不安を解消したいがために、やたら周囲の人に「連絡先教えて!」とお願いしてまわるのは逆効果。かりに連絡先交換を果たせても、相手から「この人、なれなれしすぎ!」と警戒されて、うまく仲を深めていくことができないかもしれません。

子ども同士が仲良くなって遊びに行く約束をしたとか、何度も話すうちにすごくウマが合ったとか、あくまで自然な流れで連絡先は交換するようにしましょう。

 

■NG2:用もないのにメールやLINEでしつこく連絡する

自分が寂しかったりヒマだったりするからといって、用もないのにしつこくメールやLINEを送り続けると、“かまってちゃん”認定されるおそれが……。

特に、連絡先を交換して間もないママ友への連絡は必要最小限にとどめましょう。「あ、そうだ!」と連絡したい衝動に駆られても、次回会うときまでに伝えなければならないことなのかどうか、冷静に考えてみることをオススメします。

また、自分が即レスするからといって相手にも同じことを求めてはいけません。相手にはすぐにレスできない事情があるのに「何で既読スルーなの!?」などと詰め寄っては、心底迷惑がられてしまいますよ!

 

■NG3:プライベートを詮索する

“相手に関心がある”のはいいことなのですが、だからといってプライベートを根掘り葉掘り詮索するのはママ友付き合いのNGマナーの代表例。

特に、夫の給料やローンなどお金に関すること、夫婦の夜の営みなどデリケートな話題はよほど親しくなってからでも極力避けるべきでしょう。

また、自分にとっては何気ない質問でも、相手にとっては答えたくないことがらということもあります。もし、相手が答えに詰まるようであれば、「あ、変なこと聞いちゃってごめんね」とすぐに謝って話題を変えましょう。しつこく食い下がるのは言語道断です。

 

■NG4:何でも相談する

前項は“相手の情報を詮索する”ことでしたが、逆に自分の情報を何でも開示してしまうのもよくありません。

ちなみに、ほけんの時間のアンケート調査によれば、「育児の悩みをママ友に相談する」という女性は56.1%とのこと。

育児の悩みだからこそ、同じ立場のママ友に……というのは理にかなっているように思えますが、4割以上の女性はそこまで踏み込んだ関係をママ友に求めていないのですね。

また、自分にとっては悩みであっても、聞いた側は“自慢”ととらえることもあります。たとえば、“中学受験の悩み”であれば、「おたくは優秀だから」「私立行かせるなんて経済的に余裕があるのね!」などと受け取られることも……。

くれぐれも相談相手は慎重に選ぶようにしましょう。

 

■NG5:迷惑をかけて平然としている

これはもう“距離感”以前の問題でもあるのですが、相手に迷惑をかけておいて謝らない、償わないのは一発レッドカードものだと考えておきましょう。

たとえば、子どもがお友達をケガさせてしまった。遊びに行ったお宅でモノを壊した。あるいは、ママ自身が借りたものを返さないなど。

「子どもはみんなそういうもの」「お互い様だから」というのは被害者側が言うべき免責のフレーズです。

迷惑をかけた側がこんなことをのたまっていたら、「あの人は要注意人物」という噂がまわって、被害者ママだけでなく所属しているコミュニティから総スカンを食らうおそれがありますよ!

 

いかがでしたか? 自分のためにも子どものためにも、ママ友と程よい距離感を保ちたいものですよね。今回ご紹介した5つの言動を自身がつつしむとともに、当てはまるママが身近にいれば、その人物とは距離をおいたほうがいいかもしれませんよ!

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ 保育士の本音炸裂!関わりを避けたい「毒親」の危険な特徴3つ

※ 2位無視される…よりも!「ママ友トラブルの被害」最も陰湿な1位は

※ ありえない!ママ友同士のNG質問、2位「貯金いくらですか?」を上回る1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

※ ダルさも吹き飛ぶ!? 梅雨時にこそ試したい健康生活の味方

※ 91%の人が「顔汗の改善」を実感!今話題の最強アイテムとは

 

【姉妹サイト】

※ ホントはやめてほしい…!「妻がドン引きしちゃう」夫の生活習慣5つ

※ 「もう女として見れない」は何位?出産に立ち会った夫の本音1位は

 

【参考】

※ 「ママ友とのコミュニケーション」にまつわるアンケート - ほけんの時間

※ ママ友コミュニティで孤立しちゃう嫌われ女の特徴8個 - WooRis

※ 3位夜の営み2位子育て方針…ママ友からの「イラつく会話」1位は? - WooRis

※ 「苦手なママ友」がいる人は過半数!絶対やっちゃダメな言動3つ - WooRis

 

【画像】

※ Monkey Business Images / Shutterstock