16日、韓国メディアによると、北朝鮮が「韓国が民族自主の立場から何らかの提案をするなら、論議することできる」と明らかにしたことについて、韓国政府は「真実味のない宣伝攻勢に過ぎない」と批判した。写真は韓国・北朝鮮の軍事境界線にある板門店。

写真拡大

2016年5月16日、韓国・ニューシスによると、北朝鮮が「南朝鮮(韓国)が民族自主の立場から何らかの提案をするのなら、論議することができる」と提案したことについて、韓国政府は「真実味のない宣伝攻勢に過ぎない」と批判した。

韓国統一部は同日、「北朝鮮が『誠意ある非核化の意思を行動で示せ』という韓国政府の要求を無視し、『核保有と南北関係には何の関連もない』などと詭弁(きべん)を並べていることに遺憾の意を表す」と明らかにした上で、「北朝鮮は核を放棄し、南北関係を実質的に改善する道に進まなければならない」と強調した。

これに先立ち、北朝鮮は政府・政党・団体名義の共同声明で、「(第7回朝鮮労働党大会で)新たに提示した自主的統一路線と方針が最も正当な統一案だが、南朝鮮が民族自主や民族大団結の立場から何らかの提案を打ち出すのなら、それについても虚心坦懐に論議することができるというのが北朝鮮の立場」と述べた。

この報道について、韓国のネットユーザーからは、北朝鮮との対話に否定的なコメントが多く寄せられた。

「核の放棄を宣言することが先」
「降伏文書にサインしたくなったら連絡して!」
「対話しよう。その代わり、議題は『北朝鮮の核放棄』についてだ」

「脅迫と発狂を繰り返し、寂しくなったら対話を提案?北朝鮮はこれまで何度も、対話の機会をつぶしてきた。南北が対話することは永遠にない」
「今すぐに核を捨てなければならない。核戦争が起きたら、朝鮮民族はこの世から消え、朝鮮半島は何十年も無人状態になるだろう。もしくは中国人か日本人に占領されるだろう」

「北朝鮮が滅びる日はそう遠くない。『核を持ったまま韓国と仲良くなれるかも』というばかげだ考えを捨て、今まで通り自分たちの生き方を貫いてくれ」
「北朝鮮の提案はただの気まぐれに過ぎない。反論するのは時間の無駄」

「北朝鮮と対話しても何の得もない。韓国は北朝鮮がいなくても幸せに暮らしていける」
「韓国もミサイルを発射することはできない?こういう時にこそ撃ってほしい」
「口では“対話”を選択し、体は“核”を選択する北朝鮮」(翻訳・編集/堂本)