現代人は新型栄養失調!? 乱れた食生活は「お好み焼き」でなんとかする

写真拡大

毎日の生活で、当たり前になっている外食やファストフード。

おいしくて手軽だからつい行ってしまうけれど、栄養が偏りがちになってしまうのもなんとなくわかっています。

そんな食への漠然とした意識を変えてくれたのが、「お好み焼道とん堀」が2016年4月29日(金)〜5月4日(水)の期間限定で原宿にオープンさせた「FAST FOOD AID」ショップ。

「FAST FOOD AID」ショップでは、管理栄養士が、来店者が食べたファストフードの内容から診断して、足りていない栄養素をサプリメントで無料提供してくれるんです。

その様子は、こちらの動画で見ることができます。

管理栄養士の矢島南弥子さんによると、現代人の食生活は、カロリーは満たしていても、肝心な栄養バランスがとれていないという「新型栄養失調」のリスクを抱えているとのこと。

食べ物があふれかえっている時代にもかからず、栄養失調になってしまうというのは驚きました。

でも、毎日忙しいなか、外食もファストフードも一切なしなんて、無理。だからといって、大量のサプリメントを飲むのも難しい。

そんな現代人を救ってくれる食べ物がありました。それは、お好み焼き!

20160517_healty01.png

お好み焼きは、カルシウムやビタミンA、ビタミンCなどの現代人に不足しがちな栄養素を補ってくれる「最強のバランス栄養食」なのです。これならサプリメントを摂る必要もありません。

今回キャンペーンを実施した「お好み焼道とん堀」では、2016年4月5日(火)より生鮮野菜を100%国産にしたり、野菜の量にこだわった「ベジ」シリーズを導入したりと、健康を意識したメニューになっています。

お好み焼きを食べれば、ワンプレートでおいしく手軽に栄養素を摂れるなんて、まさに最強です!

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

[FAST FOOD AID]

image via Shuttestock

文/グリッティ編集部