11日、デンマーク玩具大手のレゴ社が中国上海市に世界最大規模の旗艦店をオープンさせた。

写真拡大

2016年5月11日、デンマーク玩具大手のレゴ社が中国上海市に世界最大規模の旗艦店をオープンさせた。アジアでの旗艦店開設はこれが初めて。

出店先は一般に開放される上海ディズニーランドのショッピングエリアで、店舗面積は800平方メートル。中国でこの店だけの限定販売となる商品は200種類を超える。

澎湃新聞によると、同社の2015年の営業収入は前年比25%増の358億デンマーククローネ(約5960億円)に上り、中国での売り上げは約40%の成長を遂げた。

レゴグループ中国区の責任者は「将来的には大都市の店舗数を増やすだけでなく、地方にも出店する」と説明し、テーマパーク「レゴランド」を設ける考えも表明。時間や場所は未定としながらも2018年に上海に開設する可能性を挙げた。同社は上海と隣接する浙江省嘉興市に工場を保有している。(翻訳・編集/Asada)