絶対王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の"鉄壁"をこじ開けるためのカギを、彼は1週間前のマドリードでの対戦で、すでにその手に掴んでいた。その試合は3−6、6−7で敗れたものの、拮抗した展開のなかで錦織圭は、高く弾むフォアやドロップショットを操って3次元に組み立てるストローク戦に、たしかな手ごたえを感じていた。

 そのときに覚えた予感を確信に変える機会は、幸運にも、1週間後に訪れる――。

 先週のマドリードに続きローマでも実現した、マスターズ2大会連続となる「ジョコビッチvs錦織」の準決勝カード。「光は見えている。先週みたいに我慢しながら、チャンスを見てアグレッシブにプレーするのがベスト」。ジョコビッチとの再戦を控え、彼はそう決意を口にしていた。

 予報を覆し晴れ間を見せた、ローマの週末の夜を彩る一戦。それは、数々の小さな逆転劇と感情の起伏、そして予測不能なアクシデントをも織り込んだ、3時間1分の壮大なドラマへと紡がれていく。

 最初の"勝負の綾(あや)"は、思いがけぬ形で訪れた。ジョコビッチは試合開始早々、靴裏にこびりついた赤土を払おうとして、誤ってラケットで自分の足首を叩いてしまったのだ。すぐに治療を施したものの、コートに戻ってきた直後のジョコビッチの動きは、やはりどこかぎこちなかった。

 対する錦織は、マドリードで手にした攻略のカギで、固く閉ざされたジョコビッチの守備をこじ開けにいく。鋭いスピンをかけたフォアの逆クロスで相手をコート片隅へ押し込むや、低く刺さる強打をオープンコートへと放つ。あるいは、ヒートアップした打ち合いに突如水をかけるように、柔らかなドロップショットをネット際へと滑り込ませる。

「第1セットの彼は、完璧だった」
「攻撃だけではなく、守備もよく、チャンスが訪れるのを待っていた」

 絶対王者が、脱帽する。

「自分が攻めてポイントを取っていたので、そこが一番よかったところ」。試合前に掲げていた策を完遂した錦織が、第1セットを奪った。

 しかし、第2セットに入ると、ジョコビッチの動きは明らかに切れを増す。

「相手のプレーが徐々によくなったので、少し引いてしまった」と悔いる錦織に対し、ジョコビッチは、「第2セットに入ったころから、時おりラリーのなかで圭のボールが浅くなることがあった」と感じたという。

 だからこそ第2セットの中盤で、ジョコビッチは勝負に出た。ベースライン上に踏みとどまり、サービスライン手前に刺さる鋭角のクロスのショットで、錦織に主導権を与えなかった。

 第10ゲームをブレークしたジョコビッチが、第2セットを奪い返した。

 ファイナルセットも拮抗した展開ながら、「少しの差」と「運」を積み重ねた王者が、ジリジリと錦織を引き離す。第2ゲームをブレークされ、ゲームカウント0−3とリードされた錦織がベンチでタオルに顔をうずめたとき、プレス席の記者たちが、一斉に席を立ちはじめた。

「終わった」

 彼らがそう思っているのは、明らかだった。

 だが、このときの錦織は、決してうな垂れていたわけではない――。

「特に何かを考えていたわけではなく、目の前のひとつひとつのポイントをプレーしようという感じだった」

 のちに、錦織が振り返る。

 勝利へ前進したジョコビッチは、ポイントを取るたびに観客をあおって味方につけるが、「目の前のポイント」のみに集中する錦織は、意に介さない。第7ゲームで迎えたブレークポイントでは、リターンを全力でストレートに打ち返すと、そのまま前に出て浅い返球をフォアで叩く。その球威に押され、ジョコビッチのショットは力なくネットにかかった。

 剣が峰で、錦織がブレークバック――。そして勝敗の行方は、ファイナルセットのタイブレークに委ねられた。

 勢い的には、追い上げる錦織が有利かに思われたタイブレーク。しかし、3−3の局面で錦織が犯したこの日初のダブルフォルトが、結果的に勝敗を分けた。続くポイントでセカンドサーブのリターンをネットにかけ、次の打ち合いでも、主導権を握りながらバックの一打が長くなる。

「硬くなってしまった。勝ちを意識し始めたところでもあったし......」

 それが、錦織が吐露したこのときの心境だ。意識したその瞬間に、勝利はスルリと、手もとから滑り落ちる。

 最終スコアは、6−2、4−6、6−7。それは、この19ヶ月の間に重ねた8回の挑戦で、錦織がもっとも勝利に肉薄した瞬間でもあった。

 一方のジョコビッチは、「勝者と敗者を隔てた要因」を問われて、こう答える。

「今いる、その瞬間のみに集中することだ」

 そして、それを可能にするには、「経験」が重要だとも彼は言う。

「特定の緊迫した場面で、どのような感情や状況を経てきたか、という記憶。そして切り抜けるうえで、何が求められたかという記憶が助けになる」

 29歳の誕生日を目前に控える世界1位は、確信に満ちた表情で言った。

 だとすれば、この緊迫の場面で錦織の脳裏をよぎった記憶は、1週間前のマドリードの対戦時にも3−2から3ポイント連続で奪われて敗れた、あのタイブレークだったか。あるいは、過去に幾度も味わわされた、ジョコビッチの圧倒的な勝負強さかもしれない。

「最後の数ポイントで、彼は攻撃的かつ安定していた。重要な場面で、彼は簡単にポイントをくれない。いつも彼は、そうなんだ」

 悄然(しょうぜん)としながら、錦織は続ける。「僕にはもう少しだけ、経験が必要なのかもしれない」と。

 相手を7本上回る39本のウイナーを決め、相手と同じ34のエラーしか犯さぬプレーを見せながら、今回もわずかに手が届かなかった、ジョコビッチからの勝利......。それでも、1週間前のマドリードで得た攻略の予感は、間違いなく、確信に変わったはずだ。

 なにしろこの日、ジョコビッチと錦織は181分戦い、両者合わせて5067メートルを駆け、223のポイントをコートに刻み、そして勝者と敗者を隔てたものは、たったの"1ポイント"だったのだから......。

 その差を生んだものとは、試合終盤で「今」に集中できた王者と、「勝ちを意識」した挑戦者という、立場の差異にも依拠する心理面。そして、この差を埋める要素とは、両者が口を揃えるように「経験」なのだろう。

「先週が一番、可能性があったかなと思っていたんですが、今日は、より可能性があった。先週よりさらに近い試合ができたので......、もうちょっと......ですかね」

 錦織が言う「もうちょっと」を、勝敗を分けた1ポイントを――その差を埋める機会は、早ければ5月22日にパリで開幕する、フレンチオープンにも訪れるはずだ。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki