写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイレックス・テクノロジー(サイレックス)は5月17日、各種センシングデバイスを無線LANやBLE(Bluetooth Low Energy)を利用してIoT化する開発キット「IoTワイヤレス開発キット for RX600/RL78シリーズ」の販売を2016年5月末に開始すると発表した。

「IoTワイヤレス開発キット for RX600/RL78シリーズ」は遠隔での機器モニタリング、制御、最適化、自律化を目指す機器メーカーのIoT化を後押しする開発キットで、センサノードとゲートウェイそれぞれに対応した製品構成を用意。センシングデバイスとクラウドを無線LANやBLEを使ってつなげることができ、機器メーカーは各種センサ情報のIoT化検討を簡単に行うことができる。ルネサスエレクトロニクスのMCU「RX600/RL78シリーズ」をベースに、無線LAN部はMCU機器向け組込み機器用の超小型低消費電力モジュールであるサイレックスの「SX-ULPAN」を採用した。

同製品はIoTへの対応が急がれる医療機器のほか、工場、倉庫、オフィス、マンションなど幅広い分野で利用される機器への活用が見込まれている。

(神山翔)