清原和博被告が公判で半生を振り返る「社会に適応できず…」

ざっくり言うと

  • 清原和博被告が17日の初公判で自らの半生を振り返った
  • 「14歳で電気屋の息子が全国区になり、走り続けて社会に適応できず」と回想
  • 「まずは空を見たり、風を感じたり…」とこれから送りたい生活を語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング