naka201605121515

写真拡大 (全3枚)


東京・新橋に、5月の風物詩「東をどり」の季節がやってきた。

今年も5月19日(木)から22日(日)まで、新橋演舞場にて開催される「東をどり」は、大正14に始まった、江戸の粋と華やぎを今に伝える新橋花柳界のお祭り。

華やかで情緒溢れるこのお祭りにちなんで、資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェでは、新橋芸者の上品で粋な振る舞いをただよわせるスイーツメニューを、5月17日(火)〜5月22日(日)まで期間限定で発売する。

「東をどりパフェ」(1980円)は、抹茶を使って和の雰囲気を表現した、新茶シーズンならではの“和風パフェ”。

きな粉のわらび餅や白玉、フルーツを入れることで食感や彩りを豊かにし、さりげなく小粋な芸者さんを思わせる番傘を飾り付けた。


一方、鮮やかなブルーが目を引く「新橋色のアイスクリームソーダ」(1130円)は、青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールに伝統のアイスクリームを浮かべた涼しげな一品。


この美しいブルーは、明治後期、新橋の芸者さんが青緑色の着物を好み、それが世間にも流行したことから、その“新橋色”をイメージして作られたのだとか。

三味線のお稽古を終えた芸者さんが、料亭に立つ前に資生堂パーラーに立ち寄り、ソーダ水でひと息つく…ふとそんな風景が浮かんでくる、たおやかな和スイーツはこの時期だけのお楽しみ。

「東をどり」を観賞したあとは、ぜひこちらへ立ち寄ってみて。

資生堂パーラー 銀座本店 (http://parlour.shiseido.co.jp/?rt_pr=pl088)