高みを目指す女性が心に留めるべき10の教訓

写真拡大

今から約45年前の1970年、ハーバード・ビジネススクールのMBA過程に初めて入学を許された4人の女子学生の1人、マーガレット・ヘニグが、当時まだ少なかった企業の女性幹部についての研究を始めた。それをまとめてクラスメートのアン・ジャーディムと1977年に発表した共著『管理職の女性たち/女性がビジネスの世界で生き抜くためのマニュアル』はベストセラーとなり、2人は以降、女性管理職向けの講演やトレーニングを行うようになった。

とはいえ当時は今と状況が大きく異なり、ヘニグが調査対象とした25人の女性はいずれも最高レベルの幹部ではなく、全員が父親か親族のコネで就職していた。

数十年で多くの変化が

今では”女性管理職”は当時よりもずっと一般的な存在だ。この40年で、女性管理職を後押しすべく法律も変わった。それでも女性は依然として、企業の役員室であれホワイトハウスの大統領執務室であれ、目指す場所に到達できずにいる。

その大きな理由は、ヘニグとジャーディムの言葉を借りれば、成功するために必要なコミュニケーション方法や人付き合いの仕方を理解していないからだ。著書のサブタイトルからわかるように、二人は「成功」ではなく「生き残り」に重点を置いている。

では、女性リーダーに必要なものは何なのか。ほかの世代の働く女性たちの意見も取り入れた、「女性リーダーの10の教訓」を以下にまとめてみた。

1. 自分の存在と能力をアピールする
ともに最初のステップとしては重要だが、必要なのは自分の存在と能力を誰かに認識させること。誇示する必要はないが、自分の貢献度を人々に認識させる機会を逃さないことが重要だ。謙虚すぎると見過ごされてしまうかも。

2. ネットワークをつくる
自分にとって有益な人に、能力を売り込むために必要だ。ネットワークを築くことで知識を共有し、人から学び、重要な基盤をつくることができる。ビジネスの世界では、一匹狼は上手くやっていけない。

3. 優先順位を決める
「全てを手に入れる」こともできるかもしれないが、常に全てを上手くまわすのは難しい。仕事や家族、社会的責務など複数のタスクを一度にこなそうとすると、リスクを拡散することになる。

4. 戦いどころを選ぶ
これも優先順位に関わることだが、会社や家族、自分にとって最も利益になる戦いを選ぶように。”戦わない”道を選びすぎると、結局泣きを見るというリスクを冒すことに。

5. 声をあげる
あるビジネススクールの最近の調査によれば、女性が給与面で男性に後れをとっている理由の一つは、交渉をしないからだという。女性は頑張っていれば認められるはずだと考えているが、実際にはそんなことはない。欲しいものがあるなら、要求することだ。それは無作法にはあたらない。

6. きちんとした服装をする
尊敬する女性管理職をできるかぎり真似をしてみよう。自分のスタイルに愛着があっても、そうすることで改善点が見つかるかもしれない。

7. 沈黙を利用する
大事なところで「声をあげる」のとはまた別の話。女性は男性よりもよく喋る。思ったことをすぐに口にしないよう”栓をする”のを忘れる。それを裏付ける統計はないが、女性のプレゼンが長すぎて失敗に終わった記憶は幾つかある。考え抜かれた言葉を語る上で、沈黙はいい”句読点”になる。

8. 有言実行
言葉と行動のバランスをとるように。また、約束は実現すること。

9. ポジティブであり続ける
現実逃避をして笑顔をつくるのとは違う。物事が上手くいくことを考えることは、上手くいかないことへの対処に役立つ。心配や悲観主義は、自分が役に立つことができる可能性に水を差すだけだ。

10. 上司と寝ない
多くの女性がやりがちだが、賢い選択ではない。

今後さらに45年が経たないうちに、新たな十戒がつくられるだろうか。