日本においても、世界的にも、フォルクスワーゲンの主力車種である「ゴルフ」がマイナーチェンジを果たし、安全装備の充実とリーズナブルな価格設定となりました。

1

スタンダードモデルの最上級グレードといえる「ゴルフ TSI ハイライン」は、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィックアラート (後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)、バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、 LED ポジションランプ付)、ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー、ダークティン テッドガラス(リヤ/リヤ左右、UV カット機能付)などを標準装備として追加設定。

メーカー希望小売価格は328万9000円(税込み)となっています。

「ゴルフ TSI コンフォートライン」は、レーンキープアシスト”Lane Assist” ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UV カット機能付)、スマートエントリー&スタート システム”Keyless Access“などを標準装備としながら、従来より7万円近くお手頃になるメーカー希望小売価格280万9000円としています。

そして、従来より16万円も安くなり250万円を切った注目プライスとなったのが、「ゴルフ TSI トレンドライン」。

装備面ではスチールホイールになるなどしていますが、あらゆる意味で”Cセグメントにおけるベンチマーク”といわれる、フォルクスワーゲン・ゴルフを味わうハードルが下がったといえそうです。メーカー希望小売価格は249万9000円となっています。

(山本晋也)

フォルクスワーゲン・ゴルフにスチールホイールの低価格仕様が新登場!(http://clicccar.com/2016/05/17/372529/)