写真提供:マイナビニュース

写真拡大

じめじめ・蒸し蒸しする梅雨時にできるだけ快適に過ごしたいのは、誰しもが思うところ。そのために知っておきたいのがボディーの「ニオイ問題回避術」。今回はニオイ問題が発生しやすいワキにフォーカスし、予防&解消法の基本を紹介しよう。

○気になるワキのニオイの原因

汗をかきやすいワキは、常にニオイが気になるパーツ。ワキに強いニオイが発生しやすいのは、汗腺の種類が関わっているから。 ほぼ全身の皮膚表面にくまなく分布している汗腺(エクリン汗腺)から出る汗の成分は、水分と塩分がほとんどでニオイも強くない。ただ、ワキにはもうひとつ「アポクリン腺」という汗腺がある。ここから出る汗にはたんぱく質や脂質が含まれていて、これが空気中の細菌などによって分解されると悪臭の原因になるのだ。

ワキは蒸れやすいうえに雑菌が多いため、ニオイが発生しやすい。「汗くさい」という言葉があるが、実は出てきた瞬間の汗自体は無臭。汗をかいたら早めにふき取るなど、汗をイヤなニオイに変えないケアが大切なのだ。

○ワキのニオイを無くすための4カ条

以下にワキのニオイを無くすために知っておきたい4つの基本をまとめたので、参考にしてほしい。

外出前は、制汗剤でニオイ予防

汗やニオイの予防に欠かせない制汗剤は、外出前など汗をかく前に使うのがベスト。汗の分泌を抑えてニオイの発生を防ぐだけでなく、殺菌成分も含まれたアイテムを選ぶとより効果的。朝にシャワーを浴びた後など、肌が清潔な状態で使うのが理想だ。

汗をきちんとふき取ってから制汗剤

汗をかいたらその上からすぐに制汗剤を使うのはNG。まず、汗ふき用のシートなどで汗をしっかり拭き取り、汚れやニオイの原因菌を取り去ってキレイな状態にリセットしよう。そのうえで制汗剤を使うと、ニオイ予防の効果が高まる。

ムダ毛処理も効果絶大

ワキのムダ毛もできれば処理して、ムレを防ごう。ワキにムダ毛があると湿気がこもり、菌の繁殖を助長させてしまうぞ。

カラダも衣服も清潔に

ニオイを発生させないため、体や洋服、寝具などをきちんと清潔にしておくことも重要。「毎日お風呂に入る」「服やシーツ、枕カバーを常にキレイにしておく」など、身の回りを整えて自分自身が心地よい状態をキープする意識をお忘れなく。

人に不快感を与えかねないニオイの悩みは、ニオイの発生源からケアするのが鉄則。制汗剤や汗ふきシートなどのデオドラント製品だけでなく、通気性のよい服やニオイ・汗ジミを防ぐインナー、ワキ用パッドなどを取り入れてみるといいだろう。

人によってはストレスの有無や食生活に対する見直しも必要かも。嗅覚的にも視覚的にも爽やかに梅雨を乗り切れるよう、できることから始めてみては?

からだエイジング

(からだエイジング)