17日、中国重慶市のマクドナルドが、消毒液が混入したドリンクを客に提供していたことが分かった。写真は事件があった店舗。

写真拡大

2016年5月17日、重慶晩報によると、中国重慶市のマクドナルドが、消毒液が混入したドリンクを客に提供していたことが分かった。

16日昼ごろ、馮(フォン)さんは4歳の息子を連れて重慶両江新区のマクドナルドに入店。注文した20元(約330円)ほどのセットの中に、ホットチョコレートが含まれていた。馮さんの息子は一口飲むと、舌を出して頭を横に振った。馮さんが飲んでみると、酸味を感じ、しばらくすると下が麻痺してのどに焼けるような痛みが走った。ふたを開けると、溶けきっていないチョコレートの塊が入っていた。

馮さんが店員に伝えて確認してもらうと、店員の一人が「消毒液だったようだ」と話した。店員は馮さん親子を近くの病院まで連れて行き、その後、親子は別の病院に移った。馮さんは消毒液中毒と診断された。胃洗浄を行ったが、舌や口腔内に水泡ができ、消化管や肝臓、胆のう、脾臓(ひぞう)、胃などに損傷がみられた。息子は深刻ではないものの、血液の数値に異常がみられたという。

店員に事情を聞くと、マクドナルドでは4時間おきに食器の消毒を行うが、新人のアルバイト店員がポットに消毒液が入っていることに気付かず、そのままホットチョコレートを作って提供してしまったという。「消毒液を入れた店員とホットチョコレートを作った店員は同一人物か」「なぜ消毒液が簡単に手の届くところにあったのか」「消毒中だったことはほかの同僚には伝えていたのか」などの質問には、店員は答えていない。

午後6時、取材を行った重慶晩報にマクドナルド側から連絡があり、事件の事実関係を認めた上で、「報告を受けたばかりで具体的なことは把握していないが、責任はきちんと追う。従業員の教育と管理を徹底する」と話したという。(翻訳・編集/北田)