16日、文化大革命発動50周年を迎えたが、中国官制メディアは沈黙している。写真は毛沢東像。中国各地にはいまだに毛沢東像が残されている。

写真拡大

2016年5月16日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレ中国語版サイトによると、文化大革命発動50周年を迎えたが、中国官制メディアは沈黙している。

1966年5月16日、中国共産党中政治局拡大会議は「文化大革命の開始に関する通知」を決議した。10年間にわたり続けられ、多くの不幸を生んだ文化大革命の始まりだ。50周年という節目を迎えたが、中国メディアはほとんど文化大革命に触れることなく、今なお敏感な話題であり続けていることを印象付けた。

ほぼ唯一の言及となったのが人民日報と環球時報の2大官制メディアだ。人民日報は「歴史をかがみとするのはより良く前進するため」との記事を掲載。「指導者(毛沢東の意)が間違って始め、反革命集団に利用された」と総括している。

環球時報は「“文革”はすでに徹底的に否定された」とのコラムを掲載。一部で文革を称賛する人もいるが、中国人の大部分は文革否定で結束していると強調した。また、環球時報総編集長の胡錫進(ホー・シージン)氏はSNSで文革時代の記憶を振り返り、元地主の家系だとして紅衛兵に家族が暴行された過去を明かしている。(翻訳・編集/増田聡太郎)