フィットビットがリストバンド型活動量計の新製品『Fitbit Alta』と『Fitbit Blaze』の国内販売を発表 “フィットネス×ファッション”を華やかに訴求

写真拡大


フィットビット・ジャパンは5月16日に製品発表会を開催。リストバンド型活動量計『Fitbit Alta』とスマートウォッチタイプの活動量計『Fitbit Blaze』について、国内での販売を開始することを発表しました。


『Fitbit Alta』は、OLDディスプレーを搭載し、アクセサリー感覚で着用できるリストバンド型活動量計。日本の女性ユーザーから要望の多い仕様を備えているとのこと。5月20日に販売を開始し、参考小売価格は1万7800円(税別)。


カラーはブラック、プラム、ブルー、ティールの4色で、同色の交換用バンドや2色のレザーバンド、ステンレススチールのバンドを別売りで販売。気分に合わせてバンドを選択できます。


活動の記録や自動睡眠記録、iOS/AndroidアプリやPCとのワイヤレス同期といったリストバンド型活動量計の基本機能に加えて、エクササイズを自動認識する『SmartTrack』、着信やSNS、カレンダーなどのスマートフォン通知、運動を促すリマインダー機能を搭載します。



ディスプレーには時刻のほか、歩数、移動距離、消費カロリーなどを表示可能。本体はステンレススチール製で、バンドを外して交換ができます。


『Fitbit Blaze』は、心拍計の機能をそなえ、よりフィットネス用途に特化したスマートウォッチタイプの活動量計。6月中旬の発売予定で、参考小売価格は2万6800円(税別)。


カラーはブルー、プラム、黒の4色。同色の交換用バンドと3色のレザーバンド、メタルバンドを別売りで販売します。


リストバンド型活動量計と心拍計の機能に加えて、スマートフォンの通知、音楽再生のコントロール、スマートフォンのGPSへの接続といった機能を搭載。



1画面でまとまった情報が見やすいカラー液晶を搭載し、本体裏面には心拍センサーを搭載します。


ワークアウトのガイド機能『FitStar』を利用すると、画面に表示される案内に従って「腹筋10分間」などのワークアウトを実行することができます。



発表会のゲストとして、『Fitbit』の日本アンバサダーを務めるファッションモデルのSHIHOさんが登壇。ライフスタイリストの大田由香梨さんによるスタイリングで、ロングドレスにステンレスバンドの『Fitbit Alta』を合わせたコーディネートを披露しました。自身でも使用し、食事のカロリー摂取をアプリで管理したり、活動量計によりヨガや日常生活の消費カロリーを数字で把握できる点に「ちょっとハマってます」とのこと。





大田さんがテーマ別にスタイリングしたモデルさんによるファッションショーも行われ、“フィットネス×ファッション”を華やかに訴求する発表会になりました。『Fitbit Alta』『Fitbit Blaze』の登場で、ファッション感度の高い女性層にもこうしたウェアラブルデバイスが普及していくのか、今後注目できそうです。