もう次の恋なんて無理…失恋の傷を治す4つの心がけ(photo by tatiana1987/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】失恋をしたばかりの心は、生傷が絶えない状態。そこから傷を癒すのってとっても時間がかかってしまいますよね。でも、いつまでも引きずっていても、傷は悪化していくだけ。治ることはありませんよ。そこで今回は、そんな失恋の傷をしっかりと治す方法をご紹介。悲しい失恋を自分の成長する糧にして、次の恋こそは幸せになりましょうね。

【他の記事を見る】男性に聞いた「イイ女の条件」ベスト5

♥終わったことを認める


彼の心はとっくに離れているのに、あなただけが彼のいなくなった思い出の恋にいつまでもしがみついていませんか?

自分には彼しかいない!という思い込みが、恋の終わりを認められずに、あなたの中であなた自身を縛り付けています。

彼を好きだという気持ちが、忘れることへの恐怖になって留まっていたいという「しがみつき」になっているのです。

終わった現実を受け入れれば、しがみついている場所に何もないことに気が付けますよ。

♥あえて思い出す時間を作る


終わった恋を思い出しちゃいけない!いつまでもクヨクヨするのはいけない!

そんな風に無理な思い込みをしていませんか?

無理なダイエットにリバウンドがあるように、無理な強がりも後からドッと悲しみが押し寄せ、また元に戻ってしまうこともあります。

1日の中で、決まった時間をあえて作ることで、心に逃げのゆとりを持たせましょう。

後で泣けると思えば、今は我慢もできるはず。

そして、知らず知らずにその時間も減っていきますよ。

♥深呼吸をして空を見上げる


笑っちゃうかもしれませんが、深呼吸をして空を見上げる習慣を1日に必ず1度以上持ってみましょう。

深呼吸することで、脳は身体にリラックスするよう命令を出すのだとか。

心身ともにお疲れ気味ですから、自分の身体を労わってあげましょう。

そして空を見上げることで、無意識に狭くなっている視野が広がります。

下を向いてばかりじゃ、せっかくの訪れたチャンスに気付けませんよ。

♥終わった恋を否定しない


よく終わった恋を後悔する方もみえますが、恋は自分の意志ではどうにもならない出来事です。

傷が深い分だけ、自分とって大きな意味があったことに気付いてあげてください。

彼を好きになった自分の心を誉めてあげてください。

いつかあの恋があったからこそ、今の自分があると思える日が来ます。

恋は1番人を成長させてくれる教科でもあるもの。

しっかりと受け入れて、一回り強い自分になりましょうね。

いかがでしたか?

失恋はできたら経験したくありませんよね。

でも失恋を経験することは、必ず将来に生きてきます。

別れた事実としっかりと向き合って、自分の悪かったところ、逆に良かったところをしっかり見つめ直してくださいね。

今は辛くても、きちんとここで向き合って立ち直ることで、次はきっと素敵な恋を楽しめるはずですよ。(modelpress編集部)