チャイナエアライン提供

写真拡大

(台北 17日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)と米ボーイング社のコラボレーション塗装が施されたボーイング777-300ER型機が、17日夜にも台湾に到着する見込みとなった。5月下旬から台北-ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、フランクフルト線に就航する予定。

機体は下部がボ社のコーポレートカラーである青に、上部がチャイナエアラインの白に塗られ、双方のロゴも付けられた。尾翼には梅の花が咲く。

チャイナエアラインは、今年100周年のボ社とは半世紀以上の協力関係にあるとし、「大切な役割を担ってきた」と強調。米エバレットで16日(現地時間)に行われた引き渡しの際には、同型機の優れた性能に満足しているとコメントを発表した。

(韋枢、汪淑芬、曹宇帆/編集:齊藤啓介)