台湾北部は涼しく  各地で大気の状態不安定に

写真拡大

(台北 17日 中央社)中央気象局によると、17日は北東の季節風の影響で北部は涼しい1日になる見込み。日中の予想気温は台北市で22〜24度の予想。一方、南部の台南市や高雄市は最高気温が30度に達すると予想されている。

前線の影響で大気の状態が不安定となるため、多くの地域で局地的に一時雨となる見込み。特に南東部や中南部では局地的に雷雨や大雨に見舞われる恐れもある。気象局は、外出の際は雨具を携行するよう呼びかけている。

北部・新北市淡水では同日早朝、平地としては台湾全土で最低の16.6度を観測した。

(編集:名切千絵)