16日、新駐中国大使となる横井裕氏が着任後初の記者会見を北京で開いた。

写真拡大

2016年5月15日、新駐中国大使となる横井裕氏(61)が北京に到着し、前任の木寺昌人氏(63)の職を正式に引き継いだ。16日午後、着任後初の記者会見を北京で開いた。

【その他の写真】

横井氏は東京大学を卒業後、1979年に外務省に入省。「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組出身で、前後して外務省中国課長、上海総領事、駐中国公使など、計4回、延べ10年の中国勤務経験をもつ「知中派」として知られる外交官だ。2010年に退任した宮本雄二・元駐中国大使に次ぐ「知中派」の起用となった。

菅義偉官房長官は横井氏の起用について、「中国勤務経験が豊富な中国専門家。わが国にとって重要な日中関係を一層強化し、二国間で困難な問題があっても外交的に解決できるよう、これまでの経験と知見を最大限生かして活躍することを期待したい」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集MI)