ジューシーで華やか。簡単3ステップの自家製ロースハムレシピ

写真拡大 (全3枚)

手軽に使えるからと冷蔵庫にいつも常備しているロースハム。用途が広いので、おうちではいつでも使えるように定位置に置いてあります。
でも加工品ということでちょっと気になってしまうのが添加物。自分で作れたらいいのですが手順もよく分からないし、大掛かりな気がしていました。そんなときに、これならできそう! そして、とびきりおいしそうなロースハムのレシピを食メディア「FOODIE」で見つけたのでご紹介します。
ジビエ料理に定評がありハムやソーセージにも詳しい「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ」の神谷英生シェフが試作を繰り返して、家庭でも気軽に作れるように調整したというこのレシピ。ポイントをつかめばお料理が苦手でもおいしく作れそうです。
肉のうまみたっぷり! 自家製ロースハムレシピ

<材料>(豚ロース肉500g分)
自家製ロースハムの材料
豚ロース肉...500g ※脂がしっかりと入ったロース肉を選びましょう
(A)
・塩...10g(肉の重量に対して2%)
・グラニュー糖...5g(肉の重量に対して1%)
・白こしょう...2.5g(肉の重量に対して0.5%)
(B)
・ニンニクの薄切り...1片分
・フレッシュタイム...1枝
・エクストラバージンオリーブオイル...大さじ2
<作り方>
1. Aを混ぜ合わせ、豚ロース肉全体にまぶす
「塩の量が多いのでは......と思うかもしれませんが、豚肉の中まで塩を浸透させるには、このくらいの量は必要です。豚肉をよくもんでなじませます」
2. 密閉保存袋に1の豚ロース肉とBを入れて密封し、全体にもみ込んだら冷蔵庫で丸1日(24時間)寝かせる。
「ポイントは、オリーブオイルを加えること。豚肉に調味料がなじみやすくなり、漬け込む過程で出てくる肉汁と混じり合って乳化します」
3. 60〜70℃のお湯で2を1時間30分湯せん、温度が高くなったら、氷を入れて温度調整する。
「温度管理は、特に大切です! 70℃以上になると、肉質が固まってしまいます。湯の温度が70℃よりも上がったら氷を加え、温度を下げましょう」
4. 1時間30分加熱したら、袋から肉を取り出し、クッキングペーパーで表面の汁気をしっかりと拭き取る。オリーブオイル大さじ1(分量外)をひいたフライパンを強火にかけ、肉を入れて全体にじっくりと焼き色をつける。好みの厚さに切ったら完成!
(FOODIEより引用)

ハム、と一言で言うのはもったいない、それだけで主役なレシピ。使っているものは意外とシンプルで手順は「塩漬け、湯煎、焼く」の3ステップ。これなら私もトライできそうです。サンドイッチにはさんだり、サラダにのせたり。もちろん厚めに切ってお好みのソースをかけていただいても。
ボリューミーでうまみがたっぷり詰まった自家製ハムは是非お料理の定番に加えたい一品です。
[FOODIE]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。