16日、韓国環境部は韓国で販売された日産自動車のディーゼル車「キャシュカイ」について、調査の結果、排ガスを不正操作していると判断したと発表した。資料写真。

写真拡大

2016年5月16日、ロイター通信によると、韓国環境部は同日、韓国で販売された日産自動車のディーゼル車「キャシュカイ」について、調査の結果、排ガスを不正操作していると判断したと発表した。

韓国環境部は16日、韓国で販売された日産自動車のキャシュカイについて、排ガス低減装置に不正が確認されたと発表した。また、これまでに販売された814台のリコール(回収・無償修理)を命じるとともに、3億3000万ウォン(約3000万円)の課徴金などの行政処分を下す見込みであることも明らかにした。日産自動車は声明を発表し、同社はいかなる違法な無効化機能や不正機能を使用したことがないとして、不正を否定した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「次はゼネラル・モーターズの番だな」

「厳しい処分が下されることを願うよ」

「韓国は日本がまた韓国を利用していると主張している…」

「なんということだ!排ガス不正を行っていたのはフォルクスワーゲンだけじゃないということなのか!愚かな当局は物理を理解していないんだな」

「フォルクスワーゲンの次は日産か…。自動車メーカーはうそつきだらけのようだ」(翻訳・編集/蘆田)