16日、開催中の第69回カンヌ国際映画祭で、米映画のワールドプレミアのレッドカーペットに中国人タレントが登場。「何しに行った?」と話題になっている。写真はクリス・リー。

写真拡大

2016年5月16日、開催中の第69回カンヌ国際映画祭で、米映画のワールドプレミアのレッドカーペットに中国人タレントが登場。「何しに行った?」と話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

14日(現地時間)、スティーブン・スピルバーグ監督の注目の最新作「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」のワールドプレミアが行われた。このレッドカーペットには、女性歌手クリス・リー(李宇春)と俳優ジン・ボーラン(井柏然)が登場。映画と全く関係のない2人だけに、「何しに行った?」とネット上で話題になっている。

中国メディアによると、クリス・リーは映画祭スポンサー企業の一つ、仏ロレアル社のイメージキャラクターとして登場。ジン・ボーランも同じく、仏高級ブランドの顔として招待されたもの。1700万元(約2億8000万円)相当のジュエリーを身に着け、ブラックスワン風と紹介されたクリス・リーのドレス姿だが、一部ネットユーザーから「ごみ袋」などと呼ばれている。

近年、海外の大規模な映画祭で、作品もなくレッドカーペットを歩きたがる中国人タレントが急増。それだけに、映画祭が開幕するたびに「何しに行った?」と注目されることが多い。

今年のカンヌ開催直前には、レッドカーペットの「価格表」がネット上に出現。「20万元(約340万円)出せば、一般人でも歩ける」と話題になった。昨年のカンヌでは、女優チャン・シンユー(張馨予)が奇抜なドレス姿で登場し、海外メディアに「正体不明のゲスト」と紹介されてしまった。本人は某オンラインゲームのイメージキャラクターとして参加したと主張しているが、「カネで買った」と見る人が多い。(翻訳・編集/Mathilda)