16日、韓国の空気の質が世界180カ国中173位であることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルタワー。

写真拡大

2016年5月16日、韓国・中央日報によると、韓国の空気の質が世界180カ国中173位であることが分かった。

米国のイェール大学・コロンビア大学共同研究チームが発表した「環境パフォーマンス指数(EPI)2016」によると、韓国の空気質は100点中45.51点で、調査対象国180カ国のうち173位を記録した。韓国は特に、PM2.5の影響項目で33.46点を獲得し173位となった。同項目で最下位となったのは2.26点の中国。また、二酸化窒素の影響項目では零点で、ベルギーやオランダと共に最下位となった。これは、基準年度(1997年)に比べ、空気中の二酸化窒素濃度を減らす努力の成果が全く現れていないことを意味しているという。

EPIは環境・気候変化・保健・農業・漁業・海洋など約20項目の国別の持続可能性を評価した指数で、評価は2年ごとに行われる。2016年の調査で韓国は空気質以外の項目(気候やエネルギー、森林資源など)でも全体的に後退した。約20項目を全て合わせた総合点数は70.61点で、80位となった。韓国の他に80位圏に入った国はアフリカや南米諸国がほとんどだった。

韓国は12年と14年の調査では43位と中上位圏を維持していたが、ここ2年で順位が大幅に下落した。専門家らは炭素の削減や環境改善努力を怠った結果だと指摘している。

一方、世界で環境成果が最も優秀だった国はフィンランド。2位以下にはアイスランド、スウェーデン、デンマーク、スロベニアなど北欧諸国が続いた。アジアではシンガポールが16位で最も高く、日本(39位)、台湾(60位)、マレーシア(63位)などが韓国よりも上位にランクインした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「ここまで深刻だとは思わなかった…」
「最近の韓国はPM2.5が飛んでいない日がない。すぐに対策を立ててほしい」

「空気が汚いのは中国のせいだ」
「国に支払った環境改善負担金は一体どこに使われているのか?」

「空気だけでなく道も汚い。辺り構わずごみを捨てないで」
「PM2.5項目で最下位の中国が横にいるのだから当然」

「中国の機嫌を伺い、『対策を考えろ』と言えない韓国政府。本当に情けない」
「日本に行った時、空が青くて驚いた」(翻訳・編集/堂本)