16日、英紙ガーディアンは、中国は文化大革命が始まった日から50年を迎えたが、中国国内では公式行事もなく、メディアの報道もなかったと報じた。写真は毛沢東像。

写真拡大

2016年5月16日、英紙ガーディアンは、中国は文化大革命が始まった日から50年を迎えたが、中国国内では公式行事もなく、メディアの報道もなかったと報じた。

中国では16日、国内を大混乱に陥れた文化大革命が始まった日から50年を迎えたが、中国メディアは文革について報道がなかった。同日の環球時報では、米国防総省が南シナ海において中国が海洋活動を強硬に進めているとする内容の報告書を発表したことについて中国政府が怒りを表明したことが報じられていたほか、別の中国紙は一面で、行方不明の子供の捜索に尽力する警察について詳細に報じていたと伝えている。また、公式行事も行われなかったほか、中国当局は学者らが文革に関して発言することを禁止しているという。

この報道に、欧米のネットユーザーからは「たくさんの人々が犠牲になった出来事については沈黙を守るのが最善の方法だろうね」「私たちはなぜそんな国の人々と貿易しているのか、誰か私に思い出させてくれ」「別の独裁政権による悲惨な社会ということだ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)