日産、家庭向け蓄電システムを欧州でも発売へ

写真拡大

EVに使われていた中古バッテリーを再利用して蓄電システムにしようとする動きが続いている。欧州の日産は、家庭向け「xStorage」の注文受け付けを9月から開始する予定だと発表した。

「日産、家庭向け蓄電システムを欧州でも発売へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

欧州の日産は5月10日(現地時間)、各家庭を対象とした定置型蓄電システム「xStorage」の注文受け付けを、9月から開始する予定だと発表した。

xStorageは、ロンドンにある日産の設計施設が、ダブリンを拠点とする電力管理企業Eatonの支援を受けて開発したものだ。日産はxStorageを米国で販売せず、その取り組みを欧州市場に集中させていくとしている。

日産のプレスリリースによると、xStorageの容量は4.2kWh、価格は約3,200ユーロ(約4,622ドル)になる予定だ。

日産とEatonは、定置型蓄電システムの需要が高まっているなか、今後5年間で10万台の蓄電システムが売れる見通しだと述べている。

2015年5月には、テスラモーターズが家庭用の定置型リチウムイオン蓄電システムを作成するプログラムを発表。世界中から予約注文が殺到した(日本語版記事)。テスラの蓄電システム「Powerwall」はようやく消費者たちの手に届き始めたところだが、予想を上回る7kWhモデルの需要により、テスラはネヴァダ州リノに建設中のバッテリー工場(日本語版記事)におけるPowerwallの生産能力を拡大することになったという。

こうした次世代の定置型蓄電システムはおもに、自宅にソーラーパネルを設置している人たちを対象に売り込まれている。日産の新しい蓄電システムは、スマートフォンアプリにより「ボタンをタッチするだけで電力源を切り替えられる」など、ユーザーにとって使いやすい製品となる予定だ。

欧州日産ヨーロッパの会長ポール・ウィルコックスは声明のなかで、「xStorageは日産の電気自動車(EV)バッテリーに対し、自動車での最初の役目を終えたあとに、持続可能な『第二の人生』をもたらすでしょう」と述べている。

このような戦略は、ダイムラーが2015年11月に発表した(日本語版記事)、世界最大の定置型蓄電設備計画と同様のものだ。EVのバッテリーは10年使用すると、電力損失が伴うようになる。自動車においては許容できない損失レヴェルだが、定置型蓄電設備では問題にならないのでそれを再利用するわけだ。

※ 日産自動車と住友商事は2010年9月、EVに使用されたバッテリーを「再利用、再販売、再製品化、リサイクル(Reuse, Resell, Refabricate, Recycle)」する「フォーアールエナジー株式会社」を設立。家庭用蓄電システムなどを国内で販売している。ゼネラル・モーターズ(GM)も2012年から、「Volt」の中古バッテリーを使用した家庭用蓄電システムを開発している